経営理念

私たちの使命

私たちは、美味しくて安心・安全な、感動を与える冷凍食品の企画・提供を通じ、お客様の健康と豊かな食文化に貢献します。

(解説)
1966(昭和41)年、私が高校を卒業して全酪連で働いていた時に、営業として東京23区の婦人団体を担当していました。その中でクレーム処理をしていた時に、食品に添加物や、偽装が沢山あることを知り、これからはそういったごまかしのない商品でないといけない、という思いを抱きました。

その後、有楽町の朝日新聞東京本社で働いている時に、これからは冷凍食品が脚光を浴びる時代が来ることを知りました。冷凍するから防腐剤や添加物がなくても保存できるというメリットがあることを知り、冷凍食品を扱う会社を立ち上げようと思ったのです。

東京コールドチェーンを創業した1969(昭和44)年当時も、食品の添加物に対する意識は今よりかなり低いものでした。例えば、1kgのハムを作るのに、本来は1.2kgの豚肉が必要なのに、ひどいところは600gの原材料に対して400gの保水剤と食品添加物を使って1kgのハムを作ったりしていました。だからこそ、私は、冷凍食品を通じて、お客様が安心して食べていただける、安全で美味しい商品を提供したいと思っていました。

ただ、当時は売上の規模も小さかったので、仕入先に提案を聞いてもらうことができませんでした。漬け魚を自分たちで作ろうと決めた時に、料亭の味を冷凍食品で提供できるように、料亭で作るのと同じ工程を工場で行いました。

こうして美味しい漬け魚は出来上がりました。手間をかけた分、漬け魚を“一人娘を嫁に出す父親”のような気持ちで販売していましたが、「魚の焼き方って難しいのよね」というお客様の一言を聞いて、「お客様が美味しく召し上がっていただくまでが私たちの責任だ」と、正しい焼き方で美味しく召し上がっていただくためにはどうすればいいのだろうと、社内で漬け魚の焼き方について研究したのです。漬け魚の種類によって「身を7割、皮目を3割焼いてください」といった作り方のシールを商品に貼ったり、焼き方教室を開いて、より美味しく召し上がっていただけるように努め、お客様からの支持をいただきました。

私は、我が社が扱う商品は、美味しいこと、安心・安全なことは当たり前だと思っています。
私たちは、今までにない、お客様が「すごいね、これは」と感動していただけるような商品を提供することで、お客様の健康と豊かな食文化に貢献していきます。

私たちは外食サ-ビス業を通じ、お客様に安らぎのひとときを提供し、明日への活力を創造します。

(解説)
東京コールドチェーンは、1995(平成7)年に外食サービス業に新規参入しました。外食サービス業に進出したのは、冷凍食品の卸売業は取り扱いアイテム数が増えれば増えるほど、原材料をまとめて仕入れるため資金の回収に1年以上かかったりして資金繰りが大変になるため、卸売業だけでない、もう一つの柱を立てることで資金繰りを楽にしようと思ったからです。
そこで、今までの冷凍食品の宅配事業だけではない、コンビニの卸やレストラン卸、学校給食などを検討していました。

当時はバブルにやや翳りが見え始めた頃で、大手外食チェーンなど郊外型のファミリーレストランが徐々に増えている時期でした。大手水産メーカーなどは「原料が安く入るから」という理由から、寿司や海鮮レストランを始めたり、小さい卸売業の社長は趣味で小料理屋さんや、スナックの経営をしたりしていました(その後ほとんどの店が撤退してしまいました)。私は、会社として自慢できる、社員みんなが誇りに思えるような事業をしようと思いました。
そこで、自分の好き嫌いや道楽ではなく、将来性を考えて、レストラン業を始めようと決めたのです。ただ、大型店の経営や運営した経験がなかったので、FCに加盟することで、ノウハウを学べると思っていました。

そんな中で、ベンチャーリンクでサンマルクのオーナー募集の説明会があるということを知り、足を運んだところ、サンマルクの片山社長の話の内容や理念に共感し、気軽にフランス料理のフルコースを食べられる、サンマルクの事業内容に興味を持ちました。
その後の岡山の店舗見学会に参加した時に、サンマルクのしゃれた建物やピアノの生演奏、落ち着いた温かい雰囲気と、フルコースや焼き立てのパンといった食べ物と「お客様にとって最高のひとときを創造します」という理念がマッチしていました。「これはいい」とサンマルクFC参加を決意しました。

1995(平成7)年11月、1号店であるサンマルク星が丘店をオープンするにあたって、できるだけ長く、思い入れのあるお店にいて、全てを見ていたいと思い、オープンの1ヶ月前から店の裏にアパートを借り、そこから毎日、朝から明け方まで店にいました。また、12月23日・24日・25日の一番忙しい時に人手が足りず、自分でパンサービスからバッシング、洗い場まで行ったことを懐かしく覚えています。
2号店(高津店:1996/平成8年3月)、3号店(桜並木店:1996/平成8年5月)を矢つぎ早に出店し、お客様があふれる位いらしていただき、店舗の従業員がくたくたで休みも取れないほどでした。

サンマルクやアンジュでは、料理の美味しさだけではなく、お店の雰囲気でもお客様に安らいでいただきたいと思い、温もりのある、居心地のいい空間を心がけています。店の外の植栽や、花を季節ごとに入れ替える、といった外観から、トイレのスペースや、カーテンといった内装にまでこだわり、常にお店を磨き上げて清潔に保つことで、お客様にはおしゃれで高級感のあるお店で、ゆったりとくつろげる雰囲気の中で料理を楽しんでいただきたいのです。
外食サービス業を通じ、お客様に安らぎのひとときを提供し、明日への活力を創造することが私たちの使命です。

私たちの目標

私たちは、どこよりも食材と本物の味にこだわった、造り手の想いの伝わる商品・サービスを提供することで、お客様信頼度№1企業を目指します。

(解説)
冷凍食品は防腐剤や食品添加物を極力使わないですむ、最も体に優しい加工食品です。我が社では、化学調味料も極力使わない、本物志向で美味しい食品を企画・提案し、お客様に提供しています。原材料はできるだけ国内産のものを使用して、生産者の生活を守ることに少しでも貢献し、継続的な生産が可能になり、ひいては私たちの食生活を守ることにつながると確信いたします。

また、漬け魚を自社工場で製造する時に、徹底して美味しさ・食材の持つ本来の味の追求・生産体勢や製造の環境の徹底した整備などを行うことで、お客様第一主義に徹しました。私は、取組先企業や生産者にもこの姿勢を共有できるところと積極的に商品開発をしていきます。

製造工程や微生物検査結果、原産国証明などの情報をオープンにできない企業は、信頼の裏づけがないということで、品質基準の厳しい生協との無店舗販売はできません。我が社の委託製造先の工場では、使用する材料・食材は品質証明(微生物検査・原産国など)が明確なものだけに限定することを守っていただきます。

サンマルクやアンジュにいらっしゃるお客様には美味しい食事で喜んでいただきたいと思っています。ですから、より美味しいものを提供するため、アンジュでは、徹底的に食材にこだわっています。
例えば、コーヒーは、ブラジルのトルマリン農場の島野氏が土壌作りから十数年という年月をかけて作り上げた真心のこもったコーヒー豆を使っています。お米もJAS有機米のふゆみずたんぼ米という、完全無農薬、化学肥料を使っていない、アレルギーのあるお子様にも安心して食べていただけるようなお米を使っています。
他の食材も産地や生産者にまでこだわり、徹底的に吟味したものを仕入れています。また、お客様のテーブルには、熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいまま、一番美味しい状態でお出ししています。

そして、何より大切なのがお客様に対するおもてなしの心です。新人のスタッフは、ぎこちないサービスでも一生懸命さが伝わるので、お客様からは好感を持たれたりします。お客様は、そういった目に見えない部分である誠意や、一生懸命さ、真剣な心を敏感に察知しているのです。

皆さんには、自分がして欲しいサービスをお客様にしてさし上げるという気持ちで、お客様におもてなしをして欲しいと思います。さりげない温もりのあるおもてなしをすることで、お客様は大切な人との楽しいひとときを過ごせたり、一日の疲れが癒されたり、気持ちが軽くなったりするのです。

私たちは、どこよりも食材と本物の味にこだわった、造り手の想いの伝わる商品や、誠実なサービスを提供することで、お客様信頼度№1企業を目指します。

私たちの行動指針

私たちは、お客様の声に耳を傾け、アイデアを出しあい、手間隙を惜しまずに、丹精込めた質の高い商品づくりに取り組みます。

(解説)
我が社では、創業以来、お客様に「美味しい」と言っていただけるような商品を販売することをモットーとしています。訪問販売や、サンマルク、アンジュでのレストラン業を通して、お客様の生の声、ご意見・ご要望をうかがい、出来るだけお応えするように心がけてきました。

1983(昭和58)年ごろ、チョーコー醤油の濃口醤油をベースにした『だしの素』という商品を販売した時に、お客様から「煮物に色をつけない、関西風に使えるような、『だしの素』が欲しい」という要望を耳にしました。そこで、チョーコー醤油に依頼して、薄口の醤油を使っただしを作ってもらいました。そして社内で商品名を募集して、1986(昭和61)年、『京風だしの素』という名前で売り出し、現在もお客様から好評をいただいています。

また、アイスコーヒーを飲む時に、時間が経つと味が薄まってしまうという声がありました。そこで、アンジュでは普通の氷を入れるよりも手間も原価もかかりますが、お客様が最後まで美味しく召し上がっていただけるように、コーヒーで作った氷を独自に開発して、アイスコーヒーに入れてお出しするようにしたのです。これが好評だったため、オレンジジュースにも同じようにオレンジジュースで作った氷を入れてお出ししています。

これからも、お客様の声に耳を傾け、皆で一緒になってアイデアを出しあい、手間隙を惜しまずに、丹精込めた質の高い商品作りに取り組んでいきましょう。

私たちは、人間力を磨き、お客様との関わり・ふれあいを大切にした温もりのあるおもてなしを提供します。

(解説)
私は、お客様に必要とされるお店・企業になるためには、一人ひとりのお客様との関わり・ふれあいを大切にすることが重要だと思っています。皆さんには、お客様に対して、義務感で接したり、マニュアルに頼った、型にはまったサービスをしたり、損得勘定をするのではなく、見返りを求めずに、ただお客様が何をして欲しいのかを考え、行動して欲しいのです。

そのためには、自己の人間力を磨くことが大切です。人間力が磨かれることによって、感性が高まり、お客様の立場に立った物の見方ができるようになるのです。人間力を磨くには、相手の意見なり、考え方を、先入観をなくして聞けるようになることが大切です。

また、人と積極的に関わることも大切です。人との関わり・ふれあいによって自分自身が良く見えてきます。いろいろなことに挑戦し、体験をしてください。お客様に支持されるお店・企業というのは、そこで働く人たちがお客様との関わりを大切にし、温もりのあるおもてなしをしています。そういった人たちは、お客様のことを一生懸命に考えて、お客様の喜びが自分の喜びにしています。真心のこもったおもてなしを受けることで、お客様はそのお店・企業のファンになるのです。

私は、皆さんにお客様だけではなく、自分が関わる全ての人に対して自分がされて嫌なことはしない、自分がされて嬉しい、して欲しいと思うことをして欲しいのです。私たちは、人間力を磨き、お客様との関わり・ふれあいを大切にした温もりのあるおもてなしを提供します。

私たちは、相手の利益のために自分たちがなすべきことを常に自問自答し、実践することで仕事の業務改善、改革に努めます。

(解説)
私は、東京コールドチェーンが、お客様にとって、地域の人たちにとって、取引業者にとって、なくてはならない存在になることが大切だと思っています。そのためには、私たちと相手とが相乗効果で成長していくことが重要です。
目先のことや、自分のことだけを考えるのではなく、相手に対するお役立ちを優先させることが大切です。人から言われてから考えたり、言われたとおりに動くのではなく、相手に対して何ができるだろうかということを常に考えて行動して欲しいのです。
相手の利益につながる情報を提供したり、行動することで、ひいてはお互いの発展、成長につながるのです。ですから、我が社ではクレームなりトラブルが起きた時には、それを積極的に公表し、真の原因を追求して、再発防止策を立て、改善に努めていきます。

私たちは、相手の利益のために、自分たちがなすべきことを常に自問自答し、実践することで仕事の業務改善、改革に努めます。

会社は、社員・準社員がいつまでも働ける環境をつくり、家族と共に幸せな生活が送れるよう精一杯支援します。

(解説)
私は、60歳の方には60歳の仕事があり、70歳の方には70歳の仕事があると考えています。30年、40年我が社で働いて、歴史も知っているし、人間関係も詳しい、ノウハウもある、そんな方は幾つになっても仕事はありますし、我が社にとっても必要な人材です。私は、皆さんが足腰の立たなくなるまで、いつまでも働ける環境をつくります。

以前、出産したばかりの社員がいて、子供を保育園に預けて仕事をしたいと言ってきました。私は、高い保育園代を払うのであれば、会社につれて来て仕事をしてもいいと思いました。皆さんには、小さな子供がいたり、両親の介護をしたりと、一人ひとり置かれている環境も違うし、様々な事情があると思います。しかし、私は我が社で働いている以上、できる限り、融通をきかせて働きやすい環境をつくっていきたいと考えています。

私は、皆さんが幸せになってもらうため、仕事を通して自分の夢を実現していただきたいと思っています。そのために、皆さんが力を発揮できる環境を整え、成長のための教育も進めていきます。「私は、日本一美味しい冷凍食品をつくりたい」「私は、店長になって売上げNo.1の店にしたい」など東京コールドチェーンの仕事を通して、自分の夢を実現させてください。そのための支援は、できる限りしていきます。

私は、皆さんのことを大切な家族だと思っています。一人ひとりの家族の方も一緒に、幸せな生活を送って欲しいのです。「東京コールドチェーンで働けて本当によかった。幸せだった」
皆さんに、そう思ってもらえる働き甲斐・やり甲斐のある会社にしていきます。

お問合わせ