創業の精神

大地に根を張った堅実な仕事で、お客様から信頼され、必要とされる会社を創りたい。

(解説)
私の親父は、農業を営んでいました。非常に働き者で、近所の人からは「あんなに仕事が丁寧で、手抜きをしない人はいない」と評判で、信頼されていました。年がら年中長靴や直足袋を履いて仕事をしていたイメージが強かったので、ある時サンダルを履いていたというだけで、そのことが近所で話題になるような人でした。人よりも(秋の収穫が)ちょっとでも欲しいという気持ちがあれば、冬のうちから畑の堆肥を作ったり、そういうことを惜しんではいけないということを黙々と働いている後姿を見て感じさせられました。

親父からは、企業経営のことは何も教わらなかったけど、人一倍働いて、努力や工夫を惜しまずに頑張れば望む結果が得られるということを学びました。とにかくやる。何をやれば良い結果につながるかだけを考えて、人から見たら面倒で、つい怠けたいと思うようなことも、面倒と思わずにやり続けて、結果を出していました。私は、創業以来、我が社の方向付けをする上での指針、思想、考え方の基本となった、深耕ということも教わりました。それは、畝(畑に作物を植えつけるために間隔をおいて土を筋状に高く盛り上げた所)を作る時に、普通は一度ですむところを二度鍬で耕していました。そうしておくことで、作物の根が深く張り、養分を吸収しやすくなり、作物が健康に丈夫になります。根が深く下に張っていれば台風の時なんかの風でも完全にダメにはならないと言われました。

私は、親父から教わった深耕という考えは、「企業経営も農業も一緒だ」と思っています。創業時から20年間は下に伸ばせ、根っこを張れと皆さんに言い続けてきました。私は設立からの20年の間、初めは250万だった資本金を、将来の事業資金に備えて5人の創業メンバーで少しずつ増やして1億6,000万にしたことや、高粗利商品をあえて扱わず、会社としての基礎体力をつけることを優先させました。そのためには、得意先の絞込みと、会社の資源を分散させないで、集中させたほうがいいと考えました。一人の営業が色んな分野(例えば、産業給食、学校給食、ホテル・レストラン卸など)を担当すると要求されるものがそれぞれ違うので対応がしきれません。会社の資源を分散させないということがお客様の信頼を勝ち取れると思いました。

・お客様のところに根を下ろす
・地域に根を下ろす
・仕入先に根を下ろす
・関連企業に根を下ろす
・会社も根を下ろす
・社員みんなも根を下ろす


私たちは、これらを経営の基軸にして、これからも堅実でみんなに必要とされる会社を創っていきます。
みなさんも、この基軸をしっかりと胸に刻んでおいてください。

どこよりも安心・安全にこだわり、生産者と製造者の顔が見えて、ごまかしのない正直な商品を提供し、お客様の健康を守りたい。

(解説)
私は、18歳で上京した時に全酪連で働いていました。全酪連時代は、営業として東京23区内の婦人団体(主婦連合会、新日本婦人の会や、生協の前身である生活クラブ、消費科学連合会など)を担当していました。その中で苦情をたくさん聞き、食品添加物や、偽装が沢山あることを知りました。その時、消費科学連合会にいて、食品の安全に対する運動の実戦部隊として身を粉にして働いてた故・野口会長と知り合い、意気投合しました。

その後、私は全酪連を退職し、朝日新聞東京本社で編集委員のアシスタントのアルバイトを始めました。その中で、冷凍食品がこれから成長産業になるということを知り、野口会長に「牛乳はこれから紙の1ウェイ容器になって回収することがなくなるから、宅配業は商売として成立しなくなる。今後は家庭用の冷凍食品の時代が来る。だから冷凍食品をやろう」と、1969(昭和44)年、東京都世田谷区で冷凍食品の宅配業として創業したのです。
食品を安全に長持ちさせるには乾燥・冷蔵・塩漬けなどがありますが、一番安全に腐らせないためには冷凍するのが一番いいと思いました。当時の冷凍食品は味よりもまず安いことが優先で、安かろう悪かろうという印象が強かったです。

また、当時は全体の重さが1kgと販売していても、200gが氷で、実際のネットは800gといったことも多々ありました。我が社では、創業当時から、そういったごまかしはやめようと、正味のネットできちんと販売することを守り、お買い上げいただいたお一人お一人のお客様との信頼関係を大切にすることが将来の成長につながるんだと言い続けてきています。

また、様々な商品の販売をしていく中で、漬け魚の売上げが少しずつ伸びてきました。すると、扱っていた漬け魚の品質が一定でないため、お客様からクレームが多く寄せられるようになりました。仕入先のメーカーに改善をお願いしても、言うことを聞いてくれないので、「よし、それなら自分たちで、美味しくクレームのない、漬け魚を作って売ろう」と思い立ち、1978(昭和53)年、水産物加工の工場を立ち上げたのです。

だからこそ、私たちは食材が本来持っている味を生かすことを第一に考え、そのためには、化学調味料は使わない、代わりに出汁は本鰹の一番出汁しか使いません。酒は焼酎ではなく、防腐剤の入っていない日本酒しか使いません。味噌も醤油も無添加のものを使い、味付けも本物の味を追求しようと、プロの職人に指導を受け、料亭の魚の漬け方をそのまま工場での製造方法として取り入れました。

商品にこだわる姿勢が東葛市民生協の水産仕入れ担当バイヤー様から評価され、後に他の生協バイヤーの多くの方々からも信頼され、生協での取り扱い商品が拡大する突破口になったのです。お客様が「うちの子供はスーパーマーケットで買った漬け魚は食べないけど、あんたのところの漬け魚はよく食べてくれる」と言ってくれたことを覚えています。

加工する工場にも、掃除を徹底しています。私は本社工場内の側溝を何度もなめて、きちんと掃除しているかチェックし、相対で確認・記録をとり、責任の所在を明確にして、改善点は即改善しました。使う道具・用具の保守管理を徹底し、加工する人にも1時間に一度手洗いをしてもらい、毛髪をローラーがけするなど、衛生管理・品質管理を徹底させて他の冷凍食品問屋との姿勢の違いを明確化し、見学にいらした仕入先や取引先の方たちがびっくりするくらいにしました。

また、お客様に美味しく漬け魚を召し上がっていただくために、魚の焼き方教室を何度も開きました。その結果、信頼され、クレームもなくなり、差別化に成功し、生協のバイヤーの絶大な信用を得ることができました。従業員の人たちも「こんなに手間隙かけて、いいものを作っている工場は他にはない」と自信と誇りを持って商品を作っていました。

これからも我が社は、どこよりも安心・安全にこだわり、お客様の笑顔を思う生産者と製造者の顔が見えて、ごまかしのない正直な商品を提供し、お客様の健康を守っていきます。

自由な発想で、皆が思いっきり自分の可能性に挑戦できる、やりがいのある会社を創りたい。

(解説)
私は、高校を卒業後、宮城県の実家から近い乳業メーカーに就職しようと思って全酪連に入りましたが、思いがけず東京の事業所に配属されました。入った職場が高卒が2割、大学卒が8割という学歴尊重第一主義の組織で、天下り官僚が重要なポストに就いて、プロパーはどんなに頑張ってもその下止まりという状況でした。

仕事が出来る高卒の先輩が低い評価で、後から入った大卒の社員がその上司になるというのを目の当たりにして「これじゃあ、ここで頑張ったって将来はないんだなあ、あの人の下でいい加減にやっていくしかないんだろうなあ、自分を我慢させてやっていくしかないんだろうなあ」と感じました。自分が長く勤める場所ではないと感じ、土俵を替えようと思い、2年半ほどで全酪連を辞めました。

その後、株式欄に載っている業種の仕事を全部体験しようと、マスコミ(朝日新聞東京本社)、流通関係(築地魚市場)、食肉工場(芝浦食肉市場)、サービス業(和食レストラン)など、様々なアルバイトをしました。そのうち親に「何をやっているんだ」と心配をかけてしまったので、何かしようと思いました。会社に入るのではなく、野口会長と私で会社を興すことにしました。

創業から設立までの5年間は、人を雇えないのでお互いの家族や友人を少しずつ呼んで、個人事業主の集まりのような集団でした。毎日売上を上げるために一生懸命でした。私と野口会長、糸数相談役で毎晩夜中まで将来の夢物語を夢中になって語っていたのを覚えています。

その後、その集団の中で、私と同じ思いを持った人たちで資金250万円にて法人に改変し、1974(昭和49)年、株式会社東京コールドチェーンを設立し、事業をまとめていったのです。自分たちで会社を興すからには、誰でも頑張ればトップになれるような、成果を認められるような会社にしようと思いました。

私が望む会社像は、自由な発想で、皆が思いっきり自分の可能性に挑戦できる、やりがいのある会社を創ることです。皆さんも、私と一緒に夢を描いて、その実現のために頑張っていきましょう。

さりげない温もりのあるおもてなしで、明日への活力につながるサービスを提供したい。

(解説)
私は、お客様に接客、サービスについて、特別喜んでいただけるというより、大切な人に居心地よく過ごしていただけるような、さりげないおもてなしをするのが一番だと思っています。お客様に「あそこの人はみんな良く気がつく人よね」ということを言ってもらえるようなことが私の喜びです。一生に1度、年に1度といった結婚式披露宴のような重厚なサービス、押し付けのサービス、型にはまったサービスではなく、さりげない温もりのあるおもてなしをして欲しいのです。

例えば、お客様がお冷を飲む時、水が美味しくてもグラスを拭くふきんが匂っていると、その匂いがお客様に伝わってしまいます。だから、お店の店長は、オープンする前にお客様にお出しするお冷を飲んで、味と匂いを確認することが大切です。アンジュでは、爪楊枝はテーブルに初めから置いておくのではなく、お客様の様子に絶えず気を配って「すみません、楊枝ください」と言われる前にお持ちするのがさりげないサービスだよ、と言っています。
お客様が何を必要とされているのかを察して、タイムリーにお持ちすることが大事です。ただ置くのではなく、「お味はお口に合いましたか?」などの気遣いの言葉をかけて、お客様とのふれあいを大切にして欲しいです。
また、便利だから、好きだからといって余計なものは置かないし、すっきりさせておくのが大切だと思っています。

会社を設立して間もないころ、当時稼動していた工場に勤務している人たちにも「見学に来られたお客様に、目を見て笑顔で挨拶しましょう。」と言っていました。
また、我が社では、訪問された方に対して、電話応答をしている社員以外は全員起立して、「いらっしゃいませ」と挨拶するようにしています。

普通の会社では、営業活動に来た営業マンに対して、一部の社員が対応して、そこで終わりになってしまいます。ですが、その商品をわれわれが販売することで、利益を会社全体にもたらしてくれる、しかも交通費や出張経費、時間をかけてご来社くださった方なんだ、そう考えたら挨拶をきちんとするのは当たり前のことだと思います。私たちが挨拶をするだけで、旅の疲れが少しでも取れたりするのです。「あそこに行ったらみんながちゃんと挨拶してくれる」と思うと、その方も悪い気分にならないよと言っています。

サンマルクなどのお店においては、あなたにとって一番大切な人をイメージしてお客様と接して欲しいと思っています。相手が大切な人だと思えば、「お待ちしていました」という気持ちで、服装もきちんとして、テーブルに花を置いておこう、お店も綺麗に磨き上げておこう、とお迎えする準備を整えます。その気持ちでお客様に接して欲しいと思います。明日はそういう人が来るんだな、と思えば料理の食材や人の手配なども準備・確認するようになります。仕事だと思うから辛くなるのです。
「お待ちしています」という気持ちが大切です。「お客様」と十把ひとからげではなく、一人ひとりで見てください。お客様の立場になって考えることで、おもてなしができるのです。

また、お客様が帰るときに、来た時よりも少し気持ちが軽くなって元気になっていただくようなお店にしたいと思っています。サンマルクあざみ野店の出来事を一つ紹介します。女子高校生の新人アルバイトが慣れないサービスを一生懸命やっている姿を見たお客様から、「今日私は、会社で上司に怒られ、落ち込んでいたけど、一生懸命仕事をしているけなげな彼女の姿を見て、くじけてはいけない、明日からまた頑張ろう、という気持ちになりました。ありがとう。」というアンケートをいただき、感動したことを覚えています。

知らない者同士がお店を通して、お客様と従業員という関係ではなく、もっと近い心のふれあいのある関係になる。それが、他の仕事をしている人には味わえない、私たち東京コールドチェーンの魅力です。

私たちとふれあった方が、心が少し軽くなるような、温もりのあるおもてなしをしたいと思います。

皆さんも、一人ひとりのお客様とのふれあいを大切に、明日への活力につながるサービスを提供していきましょう。

一緒に働いてくれる社員・準社員には、末永く働いていただき、家族と共に幸せになってもらいたい。

(解説)
私は、一緒に働いてくれる社員・準社員の皆さんには、出来るだけ長く働いて欲しいと考えています。60歳になっても、70歳になっても、お互いに助け合いながらやっていきたいのです。

創業当時は、私一人で一軒々々飛び込み訪問をし、お客様を少しずつ開拓していきました。しかし、一人では動ける範囲も、やれることも限られます。故・野口会長や糸数相談役と一緒になり、自分ひとりではできなかったこともできるようになり、仕事も拡大してきました。やはり、会社は人が基本なんだなと思いました。「企業は人なり」という言葉が実感できました。

野口会長や糸数相談役と出会ったのもそうですが、人には縁と言うものがあります。私は、我が社に入社していただいた社員・準社員の皆さんとは何かしらの“縁”があると考えます。その縁を大切にしたいですし、長くお付き合いさせていただきたいと思います。

1975(昭和50)年ごろから年商50億円になる頃まで14年ほど、73歳まで勤めてくれた経理社員の笹本節子さんという方がいました。この方は私たちにいちいち相談しないでも、得意先や仕入先のことをよく考えて働いてくれました。それぞれの得意先・仕入先に対してきめ細かく対応したことで、仕入先様からの信頼を得ることができました。この方のように、皆さんにも70歳を過ぎても、何歳になろうとも、出来る限り一緒に働いていただきたいと思っています。

働いている皆さんには、家族がいます。家族の支えがあるからこそ、明るく元気に一生懸命働いていただけるのだと思っています。だからこそ毎月の誕生会には家族にも参加していただいています。私は、社員・準社員の皆さんはもちろんのこと、一人ひとりの家族の方も大切にしたいのです。自分の家族と同じくらい大切です。皆さんの家族の方一人ひとりに至るまで、幸せになってもらいたいのです。

我が社で一生懸命働けば、必ず幸せになれる。そんな会社にしていきます

お問合わせはこちら